色々と話題のモットンの価格は評判に見合うマットレスか?

   2017/06/27


寝返りを打ちやすくすることで腰痛対策に特化したマットレスのモットンは近ごろいろいろと話題のマットレスです。

モットンは店頭では販売せず通販のみのマットレスですが、通販専門の高反発マットレスでは圧倒的に人気のマットレスです。

 

モットンに限らず人気が高くなればよい意味でも悪い意味でも色々と話題、評判がたちます。

今回はそんな色々と話題の高反発マットレスのモットンについて、価格に見合うマットレスかどうか判断していただければと思います。

 

モットンに返金保証とかはあるの?

モットンには90日間返金保証サービスがあって、90日間マットレスを使ってみたけれど、どうしても体にあわなかった場合は、商品を返品すると購入代金を返金してもらえます。

今では雲のやすらぎプレミアムなど、返金保証を設けてるマットレスが出てきましたが、寝具の返金保証制度はモットンで一気に有名になりました。

当時は寝具業界ではきわめて異例のサービスと言われてましたね。

 

逆に言うと、それだけ販売会社のモットンジャパンは商品に自信があるとも言えます。

 

気にはなるけど、マットレスが体に合わなかったときにお金がもったいないという理由で、購入を悩んでいる人の背中を押しています。

90日間、毎日使えば、かならず効果を実感できるという強い自信があるからです。

 

返金保証サービスを利用できるのは、購入から90日間経過したあと

2~3度使っただけですぐに「自分には合わない」と判断する人もいるからです。

マットレスは最低でも1カ月ほど使用しないと、本当に体に合っているかどうかの判断はできません。

寝具を変えると、最初は体が違和感を感じるからです。

 

腰痛症や自律神経失調症など健康上の悩みを抱えている人ほど、より大きな違和感を感じます。

体が新しい寝具を受け入れ、体調に変化が現れるまで個人差があります。

早い人は1日から1週間ほどで効果を感じますが、遅い人は3カ月ほどかかるので、お試し期間を90日間に設定しているんです。

このため、返金保証は購入から90日経過した後の受付です。

 

モットンを使った人の評判は?

モットンの累計販売本数は10万本以上、お客さま満足度は94.2%です。(※ 平成28年6月10日現在)

購入者レビューは全体の80%にあたる638人のひとが★4つ以上の評価をつけています。

かなり評判はいいですね!

 

購入者レビューを見ているときによく目に付くキーワードが「快適」。

寝心地への評判がかなり高いです。

 

モットンを購入した人の多くは、なによりも腰痛対策に期待して買ったはず。

でも、レビューに書かれている内容は、

  • とにかく寝心地がいい
  • 朝すっきりと目覚める
  • 疲れがとれる

 

いずれも、睡眠の質に関する内容です。

ぎっくり腰が起きにくくなったり、腰痛が楽になったことを実感するには、ある程度の日数がかかります。

でも、目覚めや寝心地がいいといった睡眠の質の変化は、一晩で実感できます。

 

参考サイト

モットンの評判(http://xn--9ckk0f4c.net/entry1.html)

 

多くの人が腰痛そっちのけで睡眠の質があがったことをレビューに書いているところを見ると、感動するほど劇的に睡眠の質があがったと実感できたんですね!

 

モットンはどんな人におすすめ?

モットンは寝起きの腰痛が気になる人に特におすすめのマットレスです。

デスクワーク、立ち仕事でなど体が硬くて腰痛に悩む方には特におすすめのマットレスです。

実際、購入者もこういった方々が多くを占めています。

 

寝返りをうつたびに目が覚める人や、筋力が落ちて寝起きにすっと起き上がれなくなった人は、マットレスを変えることで腰痛が楽になる可能性は高いですね。

 

また、長時間おなじ姿勢をつづける仕事をしていて、慢性的な腰痛に悩んでいる人にもおすすめです。

日中はほとんど動かない仕事をしていて、寝ている間もあまり寝返りを打たないと、血液やリンパの循環は悪くなる一方です。

寝ている間に自然な寝返り打つことで、日中は滞っていた血液やリンパの循環を改善できます。

 

モットンは、筋力が落ちている人でも楽に寝返りが打てるマットレスですから、寝返りを打つたびに目が覚めたり、ほとんど寝返りを打たなかったせいで血流がとどこおるのを防ぎます。

 

モットンの寿命は?

モットンジャパン公式サイト内にある「Q&Aコーナー」では、使用の環境にもよるけれど10年は使えます。

一般的に、マットレスの寿命は10年が目安です。

 

使い方や管理の仕方が悪いと、5年ほどでへたれる場合もあります。

あまりに使い方が悪いと、2~3年でへたれることもあります。

 

マットレスを長持ちさせたければ、正しい使い方をしてていねいに管理しなければいけません。

これはマットレスに限ったことではありませんよね。

ただし、へたれやへこみがひどいマットレスをむりやり使い続けたら、腰痛が悪化する原因になるので、へたれやへこみが気になったら早めに交換しましょう。

 

参考

モットンの使い方(http://xn--9ckk0f4c.net/entry20.html)

 

モットンのメリットとデメリットは?

メリット

寝返りが打ちやすくなることと、サービスの良さ。

ふんわりとした感触としっかりと体を押し上げる弾力性を兼ね備えたマットレスなので、寝返りのしやすさについてはかなりよいマットレスです。

 

とはいっても、効果を感じられない人もいますがこちらについては返金保証制度が用意されてます。

 

返品できる寝具はほとんどありません。

購入から90日間は返金を受けることができませんが、受けられるだけでもすごいサービスです。

また、

モットンにはサイズと硬さがそれぞれ3種類ありますが、サイズや硬さが体に合わなかったときも、交換してもらえます。

これもよいサービスですよね。

ネット販売では商品を体感できないので、特に寝具では大きく不利ですが、その不利を交換サービスという形で完全にカバーしています。

 

デメリット

逆に、モットンのデメリットは、お手入れ次第で寿命が変わることです。

モットンの素材はウレタンフォームですが、ウレタンフォームは熱や湿気に弱い性質があります。

綿の敷布団は打ち直すことで復元できますが、ウレタンフォームはあまりにへたれてしまうと復元できません。

 

昔の人はマメに布団を干していましたが、最近は干す必要のない布団が増えました。

ましてマットレスとなると、敷きっぱなしでいいと思っている人も多いでしょう。

 

それでも、家の中の換気がしっかりできていればまだいいのですが、あまり換気状態が良くないと、湿気がこもり、カビが生えやすくなります。

久しぶりにマットレスを裏返したらカビが生えてへたれていた、なんてこともあり得ます。

 

カビの発生やへたれを防ぐためには、起きるときにマットレスを壁に立てかけるなどして、通気させることが大切です。

なにかしら事情があって、マットレスを敷きっぱなしで使う人は、下にすのこを敷くか、すのこベッドを使うなどして、通気を確保しましょう。

 

月に一度は上下や表裏をひっくり返すことで、マットレスのもちがさらに長くなりますよ。

どうせネットで購入するなら、できるだけ安く買えるショップを知りたいですよね?

 

それに、店頭ならお店の方に商品について気軽に質問できるけど、ネットショップに電話やメールで問い合わせをするのは、少し勇気がいりますよね。

あなたが知りたい疑問に、公式サイトの説明と購入者のレビューを交えてお答えします。

 

モットンはどこで買うのがいちばんお得?

モットンが買えるサイトは以下の3カ所で、カッコ内の金額はシングルサイズの値段です。

  • 公式サイト:39,800円(2個同時購入すると1個につきさらに5000円引き)
  • 楽天市場:59,999円
  • Yahoo!ショッピング:60,545円

※Amazonでは販売されていません。

 

参考

モットンの販売店(http://モットン.net/entry2.html)

 

なんと、モットン公式サイトはほかの大型ショッピングモールより2万円も安く買えます。

楽天とYahoo!にはモットンを取り扱うショップがいくつかありますが、どのショップで買っても販売価格は同じです。

 

たまたま、タイミングよく大幅なポイント還元セールの対象商品だったとしても、2万円も安くはならないでしょう。

ポイント10倍で6,000円還元、20倍でも12,000円還元ですからね。

 

モットンを楽天で購入する人

では、なぜ公式サイト以外で購入する人がいるのでしょう?

 

いま話題のマットレスと言っても、モットンの存在を知らない人もまだまだ大勢います。

楽天やYahoo!でモットンを取り扱っているのは、家具屋さんや大型の健康用品店です。

普段よく利用するショップで、いいマットレスがないかと探していたらモットンがあったから買ってみた、という方も、きっといらっしゃるでしょう。

 

けれど、公式サイトで購入する方が断然お得で、特にリスクもありません。

いまならまとめ買い割引もあります。

公式サイトで購入するには会員登録が必要ですが、登録しておく方がいざというときに返品や交換の問い合わせもしやすいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。